中国が8割増

 日本政府観光局の17日発表によると、今年1月から11月に日本を訪れた外国人旅行者数(推計)が前年同期比28・2%増の1217万7500人になったそうです。観光庁の久保成人長官は「年間では1300万人を超えると見込んでいる」と述べました。

 これまでの年間の最高は昨年の1036万3900人で、1200万人を突破したのは初めてのことです。国・地域別で見ると、台湾が27・0%増の261万7700人で最多。韓国が2位で9・3%増の248万4400人、3位は中国が82・2%増の221万9300人となっています。

 円安で輸出産業が即復活、とならなかったのは、多くの生産拠点が海外に移転していたから。これが国内に回帰するには時間が必要で、景気回復が思うように進まない原因の一つ。そんな中即効性が高いのが観光面。円安が進行すると見る見る外国人旅行者が増えて、中国人観光客に到っては8割増というわけです。