NPO法人、保護犬の一部に狂犬病予防注射受けさせず

 人道支援や国内の地域再生、動物愛護活動に取り組んでいるNPO法人のピースウィンズ・ジャパン(PWJ)が、保護している犬の一部に、狂犬病の予防注射を受けさせていなかったそうです。

 PWJは元々クルド人自治区での支援活動を目的に設立されましたが、最近は国内の社会課題にも取り組み、その一つが「犬の殺処分ゼロ」を目指す「ピースワンコ・ジャパン」と言うプロジェクト。2011年度に全国で犬猫の殺処分数が最も多かった広島県で、2016年から殺処分対象となった全ての犬を引き取る活動をはじめ、以来同県では犬の殺処分ゼロが続いています。

 しかし、この3年間で引き取る犬の数が10倍近くになり、管理できる数の限界を超えてしまったようで、担当者も対応が追いついていないことを認めています。

 犬を飼う場合、飼い主は飼い始めた日が又は生後90日を経過した日から30日以内に登録の届け出を市町村に対して行うことと、狂犬病の予防注射を年に一度受ける事が狂犬病予防法によって義務付けられています。

 PWJが本部のある広島県神石高原町の施設で保護している犬は2300匹で、届け出はしていたものの、一部の犬に狂犬病の予防注射を受けさせていませんでした。また、2月には12匹が脱走し、未だに5匹が見つかっていません。

 志は立派なのですが、やはり現実と言うものが。無制限に受け入れて狂犬病の予防注射が出来ないようなら、受け入れないという選択肢も考えるべきでしょう。