パンタグラフ部品、左右逆のまま運転

 東海道新幹線の「のぞみ」が昨年5月、作業ミスからパンタグラフの部品を左右逆に取り付けたまま、12日間にわたって営業運転していたことが5日に判明しました。

 JR東海によると、作業ミスがあったのは、パンタグラフの最上部で架線から受電する幅1.9メートル、重さ12キロの「舟体(ふなたい)」と呼ばれる部分で、昨年5月4日に大阪府内にある車両基地で作業員2人が12号車の舟体を交換した際、左右を逆に取り付けたと言う事です。

 点検役の作業員が交換箇所を目視で確認したが、不備に気づかず、その後に6回あった車両検査でも不備が発見されませんでした。同社によると、舟体を逆に取り付けた場合、風圧でパンタグラフを押し上げる力が増加。架線が通常より摩耗する可能性があるが、強度的に問題はないという。

 同16日に新横浜駅に車両が到着する際、架線が通常より揺れているのに駅員が気づき、指令所に連絡。翌日の点検で取り付けミスがわかった。同社は原因を「単純な作業ミス」と説明、「安全に支障をきたすことはないが、真摯に受け止め、再発防止に努めたい」としています。

中国が8割増

 日本政府観光局の17日発表によると、今年1月から11月に日本を訪れた外国人旅行者数(推計)が前年同期比28・2%増の1217万7500人になったそうです。観光庁の久保成人長官は「年間では1300万人を超えると見込んでいる」と述べました。

 これまでの年間の最高は昨年の1036万3900人で、1200万人を突破したのは初めてのことです。国・地域別で見ると、台湾が27・0%増の261万7700人で最多。韓国が2位で9・3%増の248万4400人、3位は中国が82・2%増の221万9300人となっています。

 円安で輸出産業が即復活、とならなかったのは、多くの生産拠点が海外に移転していたから。これが国内に回帰するには時間が必要で、景気回復が思うように進まない原因の一つ。そんな中即効性が高いのが観光面。円安が進行すると見る見る外国人旅行者が増えて、中国人観光客に到っては8割増というわけです。

ダルビッシュ、山本聖子と交際

 メジャーリーグのテキサス・レンジャーズに所属するダルビッシュ有投手(28)が18日午後4時すぎ、レスリング世界選手権4度優勝の山本聖子(34)と抱きしめ合う写真を公開。「先々週の日曜日に撮影した写真です。2人で相談し、オープンに付き合って行くことにしました。皆様応援宜しくお願いします」とコメントしました。

 ツイッターでは山本聖子が離婚して2ヶ月である事について「時期尚早」とするコメントもあったそうですが、ダルビッシュは「期間は関係ありますか? 子供とも仲良いですし世間は関係ないです。価値観の押し付けは良くないと思います」と反論。

 山本聖子は女子レスリング選手兼指導者で、これまでアジア選手権で2個、世界選手権で4個の金メダルを獲得しています。父親は日本体育大学教授で、ミュンヘンオリンピックのレスリング日本代表だった山本郁榮。姉の山本美憂もレスリング選手で、世界選手権で3個の金メダルと1個の銀メダルを獲得。兄の山本徳郁は、総合格闘技やK-1でも活躍した山本徳郁と、まさに格闘一家。

 その格闘一家の1人と、日本プロ野球のスターで、現在メジャー・リーグで活躍するダルビッシュ有との組み合わせ。スポーツ界のビッグカップルの誕生です。ただダルビッシュは一部週刊誌で報道された再婚については否定しました。