トランプ大統領、中距離核戦力全廃条約から離脱を表明

 トランプ大統領(アメリカ)は20日、1987年にアメリカと旧ソ連の間で結ばれた中距離核戦力全廃条約から離脱すると表明しました。

 中距離核戦力全廃条約は、当時のレーガン大統領とソヴィエト連邦が締結した条約で、地上発射型の弾道ミサイルと巡航ミサイルのうち、射程距離が500キロ以上5500キロ以下のものについて保持と試験双方を禁止しています。この条約の発効によって、ヨーロッパ地域に配備された両国の核を搭載できる弾道ミサイルと巡航ミサイルが全廃されるなど、4000発分の核弾頭を装備できるミサイルが廃棄されました。

 しかし、近年アメリカはロシアが条約に違反して中距離核戦力の開発を行っていると非難。さらに、条約でアメリカが中距離核戦力を整備できない間に、中国が核戦力を含む軍事力の強化を行っているとして、国内で不満が高まっていました。

 ロシアは条約違反を否定、違反しているのはアメリカだと反論していますが、トランプ大統領はロシアの条約違反を非難した上で条約からの離脱を表明。これまで条約によって停止していた中距離弾道ミサイルの開発を再開についても示唆しました。

 これは、ロシアのプーチン大統領も中国の習近平国家主席も黙っていないでしょう。ソ連の崩壊で冷戦が終結、平和が訪れるかに見えましたが、やはり現実はそんなに甘くは無かったようです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です