「あかつき」軌道修正成功

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の5日発表によると、金星探査機「あかつき」の軌道修正に成功したそうです。

 あかつきは、宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所の金星探査機で、2010年5月21日に種子島宇宙センターから打ち上げられました。2010年12月7日に金星の周回軌道に入る予定でしたが、エンジントラブルにより軌道投入に失敗、金星に近い軌道で太陽を周回していました。

 JAXAは金星軌道への再投入のため、先月17日から31日の間に、姿勢制御用のエンジンを3回にわたって計約8分間噴射し、軌道変更を行っていました。今回あかつきから送られてきたデータを解析した結果、正しく軌道修正できた事が判明したものです。

 今後あかつきは太陽の近くを通過、金星軌道への再投入に挑むことになります。成功すれば、あかつきは従来の気象学では説明ができない金星の大気現象のメカニズムの解明のため、観測データを収集し、地球へ送信します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です