ダニアレルギーの新治療薬、保険適用に

 厚生労働相の諮問機関である中央社会保険医療協議会(中医協)は13日、ダニエキスを口に含んで体に慣れさせることでダニによるアレルギー性鼻炎の根治を目指す新治療薬を、今月中に保険適用することを承認しました。

 これは、舌下免疫療法と言う奴ですね。アレル源となる物質を少量舌の下に入れて、体を慣らせていくという。アレルギー治療の多くが対処療法であるのに対して、舌下免疫療法は根治を目指すことが出来ます。万人に有効ではなく、今の所改善が見られるのは70%程度らしいですが、昨年秋には同じタイプのスギ花粉症治療薬が保険適用されており、今回初めてダニのアレルギー性鼻炎にも認められるい事になりました。

 保険適用されるのは、塩野義製薬が申請していた「アシテアダニ舌下錠」。治療薬の対象は12歳以上の患者で、ダニエキス入りの錠剤を舌の下で溶かし、その後のみ込む治療を2年以上毎日続けることで、症状の改善や根治が期待できるということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です