パンタグラフ部品、左右逆のまま運転

 東海道新幹線の「のぞみ」が昨年5月、作業ミスからパンタグラフの部品を左右逆に取り付けたまま、12日間にわたって営業運転していたことが5日に判明しました。

 JR東海によると、作業ミスがあったのは、パンタグラフの最上部で架線から受電する幅1.9メートル、重さ12キロの「舟体(ふなたい)」と呼ばれる部分で、昨年5月4日に大阪府内にある車両基地で作業員2人が12号車の舟体を交換した際、左右を逆に取り付けたと言う事です。

 点検役の作業員が交換箇所を目視で確認したが、不備に気づかず、その後に6回あった車両検査でも不備が発見されませんでした。同社によると、舟体を逆に取り付けた場合、風圧でパンタグラフを押し上げる力が増加。架線が通常より摩耗する可能性があるが、強度的に問題はないという。

 同16日に新横浜駅に車両が到着する際、架線が通常より揺れているのに駅員が気づき、指令所に連絡。翌日の点検で取り付けミスがわかった。同社は原因を「単純な作業ミス」と説明、「安全に支障をきたすことはないが、真摯に受け止め、再発防止に努めたい」としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です